FC2ブログ

日々是好日、或は理想と現実

25,000の頂点  

遠方から友人がきたので、諏訪までドライブしてきました。



木曽街道に興味があるとのことで、あえて遠回りのルートをドライブをかねて走り、諏訪に到着。
これまで、数えきれないほど来ている諏訪ですが、実はまだ諏訪大社に行った事がないので、せっかくだから行ってみようとナビで検索したら……上社、(本宮・前宮)、下社(秋宮・春宮)と、何ヶ所も存在する模様。
とりあえず、今回は本宮へ行くことに。



7年に1度の祭りで有名な「御柱」。



そして諏訪姫。



……すわひめ?(2度見)




諏方大社の土産物屋は、既に諏訪姫一党の手に落ちていました。

ちなみに諏訪姫とは、武田信玄の側室「諏訪御料人」のことで、武田勝頼の母になります。
武田の軍師山本勘助を主人公とした「風林火山」では、ヒロインとして登場し、信玄、勘助とのプラトニックな三角関係が話の軸となりました(大河ドラマ版では勘助との恋話はカットされましたが)
史実においては、かなり暗いエピソード満載(そもそも信玄は父の仇)で、若くして亡くなっています。

そんな諏訪姫が現在にタイムスリップしてきて、明るく楽しい毎日を送るというのが、諏訪市公認の諏訪姫のキャラ設定となっています。

戦国では政略に利用され、現在では商売に利用された悲劇の姫でs(武田騎馬隊が突っ込んでくる)

私「騎馬隊といえば、戦国時代の馬は、現在のサラブレッドと違って、ポニーみたいな馬で、ドラマみたいにかっこよくないみたいなことを最近やたらとテレビで言ってるけど、当時の日本人の平均身長もそれにあわせて小さかったことに触れないのはフェアじゃないと思うな」
友人「何に怒ってるんだ……」

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuzurihablog.blog79.fc2.com/tb.php/1441-bb9581bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top