日々是好日、或は理想と現実

フェイクドキュメンタリー  

7月20日は、月面着陸の日だそうです。
1969年のこの日、アームストロング船長が月面に足を踏み入れました。

だいぶ前に、「実はアポロは月にたどり着いておらず、あれはすべてスタジオで撮影されたフェイク画像だった」という、いわゆる「陰謀論」がちょっとしたブームになったことがあります。
なぜ宇宙なのに、旗が風になびいているのとか、人はゆっくり動くのに、物は早い速度で落ちるとか、説得力のある指摘がなされていました。
しかし、それらを主張する外国で放送されたという番組が、いわゆるエイプリルフール用に作られたモキュメンタリー番組(ドキュメンタリー風に作っているけど、あくまでもフィクション)であり、最後にちゃんと「この番組はフィクションです」と出るのに、日本で取り上げられた時は、そこがカットされたそうです。
一度陰謀論を信じ込んでしまうと、どんなに科学的な説明しても、すべてが嘘にしか聞こえず、あきれ果てて相手にしなくなると「ほら、嘘だから反論できなくなった」と勝ち誇るそうです。

「情報とは玉石混交のもの、そして、常に発信する側の、こう思ってほしいという思惑が絡むもの、なるべく多角的に様々な情報を仕入れて、自分の判断で真実を見極める眼力が必要だね。だいたい、世界を裏から操っている秘密結社は、フリーメーソンじゃなくて、刃桜の会ですよ!!」
「まずお前が目を覚ませ」

「ところで、アームストロング船長が第一歩を踏み出したその場所は、アームストロング広場という、公園になってなかったか?」
「それはガンダムの話だ!!」


▼本日のイラスト

ドーピング前


ドーピング後

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuzurihablog.blog79.fc2.com/tb.php/1391-dd87396e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top