FC2ブログ

日々是好日、或は理想と現実

らびりんす  

最近またバイオリズム下降ゾーンに入ってしまい、やることなすこと裏目ばかりです。
そういう時は、運気が戻ってくるまでただ静かに息を潜めることにしています。

そんなこんなで、息を潜めながら最近描いてたイラストでも……


知人に贈ったSDイラスト。


翠な巫女さん。


知人のオリジナルキャラを描いてみた。

蕎麦たべて  

山奥にある、完全予約制の蕎麦屋へ姉、甥っ子を連れて行ってきました。





蕎麦は勿論地元産、塩は山でとれるまぼろしの山塩、水は湧き水を備長炭で軟化させたという徹底的にこだわった素材。
蕎麦はおかわり自由、コース料理になっているので、お握り(お米までも自宅の田んぼで作ったという自家製)や蕎麦のチップスも出てきました。



完全予約制とか、ハードル上げて大丈夫かと思いましたが、本当に美味しく、ここなら海原雄山も怒ることはないでしょう。

海原雄山といえば、元々、原作者の思想が強く、昨年はそれが元で騒動を起こしたこの漫画「美味しんぼ」ですが……

「では教えてくれ。ポン酢の”ポン”とはなんのことだ」
「子供だからとごまかした料理を与えるな、子供の時に本物を与えてこそ本物の舌になる」

ここから得た料理の雑学は数多くあり、食の楽しさ、奥深さを教えてくれた漫画です。
例えば、蕎麦の回でも……









「この大たわけが!、新そばの香りと、ワサビの香りとどちらが強い?新そばの微妙な味わいと、長ネギの味とどちらが強い!? 元来 そばを食べるのに薬味など不要、ことにとれたての新そばならなおのこと。清新、軽妙にして風雅な味わいがワサビとネギの香りと味で壊されてしまう。 年を越して夏場近くなり、風味もすっかり落ちた古いそばならまだしも、せっかくの新そばに、この薬味をつける鈍感さは許せぬ!!!」

この漫画を読んだ多くの方が、こう思ったことでしょう……

「うるせぇよ」

……と。

旗をへし折る  

相棒シーズン13が最終回を迎えました。。
そのラストシーンは、主人公の一人である「相棒」その人こそが犯人だったという衝撃的なものでした。
最初から明らかにフラグ連発で「こいつが怪しいじゃん」という違和感をもたせて、それがあからさま過ぎるから「そう思わせて違うんだろうな」と安心していたのに、どんどん雲行きが怪しくなり……本当にお前が犯人だったのかよ!!いや、まだ何かあるよね?誰かをかばっていて、真犯人が別に……それすらないのかよ!!……という感じの2時間でした。
この結末は賛否両論でしょうが、私個人はああいう終わり方、大好物です。

ただ、いつの段階であのラストにすることが決まったのか判りませんが、できればシーズン13を通してもう少し丁寧にフラグを立ててほしかったかなぁ……とも思ったり。

ところで、さっきから「フラグ」連発してますが、この言葉ってどこまで通用するんでしょう(。。)
元々はプログラム用語ですが、そこから転じてゲーム好きが普通に使う言葉なのですが、「あるイベントを起こすために必要な条件」のことを、「フラグ(旗)を立てる」と言います。
たとえば……
「主人公がヒロインを助ける」→「恋愛フラグが立つ」→「ヒロインが主人公に恋愛感情を持つ、後日2人が結ばれたとき、「あの時助けてくれたから」という会話が成立する」
まぁ、実際は何段階にもフラグを立てるのですが、簡単に説明するとこんな感じです。

更にそこから転じて、「物語におけるお約束」にもフラグという言葉が使われます。
たとえば、古今東西あらゆる戦争映画で、「実は、この戦いが終わったら、彼女にプロポーズする予定なんだ」的な台詞を脇役が語ったら、その人はほぼ確実にその戦いで戦死します。
また、クローズドサークルのサスペンスもので、「この中に犯人がいるかもしれないのに、一緒の部屋にいられるか!」と個室に入った脇役は、ほぼ確実に次の犠牲者になります。
こういうお約束ごとも、「○○フラグ」と言います。
最近は、それを逆手に取って、フラグを立てまくった挙句「こうなると思ったでしょ?違いますよ~」という演出もありますが、今回の相棒は、「こんなにわざとらしくフラグを立てるってことは違うな……と思ったでしょ?フラグそのままの結末にいきます~」という、2段、3段構えの罠でした。

半年後、4代目相棒が誰になっているのかは判りませんが、期待半分、不安半分でシーズン14を待とうと思います。


▼本日のイラスト

軍師さん


黒か白か迷った挙句、一応黒に決めました。

ところで、俺……次に描く絵が完成したら、彼女にプロポーズをしようとおも………あ、彼女いないので、フラグ立ちません(。。)

ファミコン倶楽部  

普段缶コーヒーとか飲まないのですが、なんかおまけに釣られて一気に7缶行ってしまいました。
そのおまけというのが、「スーパーマリオ(ファミコン)」のキャラクターで……



100円ショップでケースを買って、背景を適当にプリントアウトしてこんな感じにディスプレイしてみました。
ファミコン直撃世代としては、こういうおまけを出されると、罠とわかっていながら簡単にひっかかります。
で、外の物置の整理をしたついでに、懐かしさも手伝って一番奥にしまってあった子供の頃のファミコン関係の本を引きずり出してみました。




だいぶ処分してしまいましたが、「ドラゴンクエスト」関連が多いですね。
元々、ドラゴンクエストと手塚治虫の火の鳥の影響から物語作りをはじめたこともあり、小学生の頃の私は「ドラクエ教の布教家」みたいな感じでした。

ピアノ発表会で、皆が普通の曲を演奏する中、私だけ「ドラゴンクエストコーナー」を作って、一人で8曲演奏して、発表会を乗っ取ったこともありました(゜゜)


▲その時のピアノ発表会のパンフレット、赤丸してるのを担当しました。

まぁ、そんな私もドラクエ4あたりを最後に、それまでの熱が嘘みたいにひいてしまい、過去作品のリメイクが出たときにちょっと手を出す程度になってしまいましたが……





この前発売された、ドラゴンクエストヒーローズ(プレステ3)はちゃっかりやってます(。。)
リメイクを除けば、本当に久しぶりにドラクエやりましたが、やっぱ面白いですね(。。)

まぁ、これも買っちゃうんでしょうけどね(。。)



▼本日のイラスト

青マントの男
ドラクエをやってなかったら、こういう絵を描くこともなかったのかもしれない。
……いや、結局どこかで別の何かがきっかけで描いていたのかもしれない。
歴史に「もしも」は禁句である(大げさ)

東へ向かえ  

日本の各地に「城東」という地名があります。
まぁ、昔城があった場所の東側だから……なのでしょうが。

私が小学生の頃、うちの町に回転寿司は1件しかなかったのですが、もう1件城東に出店してきました。
親に「今日は城東の方の寿司に行く」と言われてましたが……
子供の頃、「あっちの方がいいネタ使ってる上等の方の寿司屋なんだ」と思ってました。

あと、小学生の頃見ていたニュースで「政治家が汚職事件で逮捕」というのを、「政治家がお食事券で逮捕」だと思ってました。
ほら、政治家ってパーティーとかするから、「現金はだめだから、お食事券で配る」みたいな罪があるのかと((((・w・)

今はすっかり空き物件となった城東の元・回転寿司屋の前を車で通ったら、そんな幼き頃の記憶がふと思い出された雨の夜でした。


▼本日のイラスト

兵法巫女。
城の東側に住んでたかどうかは定かではない。

お絵かき  

昨年のカップ戦王者とリーグ王者(両方ガンバが優勝した為、繰上げで浦和が出場)が対戦するゼロックスカップが行われ、ガンバ大阪が勝利しました。
この試合を開幕の合図に、来週からJリーグの2015シーズンが幕を開けます。

……が、今年からJリーグには、前期・後期で別けて優勝はプレーオフで決める「2シーズン制」が導入されるのです。
これは、多くのサッカーファンが「やめてくれ」と言い続けた形式なのに、それでも導入されてしまいました。
果たしてどうなってしまうのやら……

とりあえず、今日は他にネタもないので、イラストでもだらだらと貼っていこうかと思います。



3月ということで、テーマは「卒業」
小学校の時は、クラス全体が凄く仲良かったので、卒業式が来るのが本当に嫌でした。
その割には同級会全然してませんが……

ん?「同窓会」じゃないかって?
実は信州は、ほとんどクラス替えをしない(特に中学・高校は入学した時のメンバーのまま3年間過ごし、そのまま卒業する)ので、同窓会ではなく、同級会という言葉を使うのです。
ドラマやアニメの4月のシーンで、「今年も○○君と同じクラスになれてよかった!」みたいな会話をよく見ますが、「ずっと同じクラスなのに、何改めてかみ締めてるんだ」と、他府県の友人ができるまで割と本気で思ってました(゜゜)

続いては……



「常勝将軍」
相変わらずのオリジナルキャラです。

続いては……



何故かノリで描いた「水木しげる風」艦これ。

………

………

………

なんだこりゃ(。。)

▲Page top