FC2ブログ

日々是好日、或は理想と現実

叛逆の物語  

東京より戻ってきました。
今回の目的は、知り合いがイベントで出すCDのジャケットを描かせてもらったので、そのイベントに顔を出しに行ったのと、それともう一つ……

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新章 叛逆の物語」を見るための上京でした(。。)


▲ランダムでもらえる色紙。

まどか☆マギカとは、2011年に放送され、話題となった深夜アニメなのですが……

【放送前】少女たちの心温まる素敵な物語がはじまるよ!(それらしい宣伝イラストを出す)

第3話で主人公の一人が頭から食われる

そこからエンディングテーマが絶望的な曲になる

これ以降、宣伝イラストから登場人物の笑顔が一切描かれなくなる。

以後ジェットコースターの如く最終話まで視聴者を震わせ続ける

ラストで少しだけ希望を与えられる。

こんな感じで、次から次へと襲い掛かるあまりにも予想外の展開、ダークでシリアスなストーリーを、あえてほのぼのとしたキャラクターでやるというギャップ、劇団イヌカレーによるアート感が溢れる背景が受けて、普段深夜アニメを見ない層にまで話題が広がり、多くの芸能人がテレビやラジオで「はまっている」と語るまでに至りました……主に第3話で受けたショックを。


▲映画パンフレット、劇団イヌカレーによるアート感たっぷりなデザイン。

後にテレビ版を編集した総集編映画が前編・後編で製作され、今回は、その続編となる完全新作の3作目の映画なのです。
うちの地元で上映されるのはまだ先でしょうし、せっかく東京へ行くのだから初日に見ようと、友人達と行ってきました。

監督は上映前にこう言いました……

「心を強くして見に行って下さい」

ネタバレ防止の為、詳しくは語りませんが……その言葉通り、今回もやってくれました。

上映終了後、劇場はざわつき、あちこちから心を折られた観客達の「そうきたか…」「飲み物買ったのに一口も飲む暇がなかった」「やってくれたな虚淵!!(脚本家)」と感想が……

とりあえず、すぐにでももう1回見たいので、はやくブルーレイ出してください(。。)



【おまけ】


諏訪湖SAは平常運転でした。

私のSPECは嵐を呼ぶ  

土日に東京へ行く予定なのですが……なのですが……

なんですか、台風27号週末に関東接近って(。。)

はたしてどうなってしまうのか(次回へ続く)   続かない。

▼本日の買い物


志方あきこ4thアルバム「Turaida



東京へ行く時にずっと車中で流そうと思います((((・・)

行雲  

車を走らせていたら、いい雲だったので思わず撮影。




(クリックで拡大版が出ます)

そういえば、釣りバカ日誌がテレビで放送されていたので見てましたが、初期の作品しか見てなかったので、シリーズ後半はなんかもうこんな現実離れした話になってたのか……とw

そんな釣りバカのCMでガンダム生みの親である「富野由悠季」が、何かを作りたいのならそれしか知らない人にはなるな、色々なものに興味を持ち、広い知識がなければものは作れない……と言うCMが流れました。

この言葉は、私が学生時代に関西に行ったときに知り、私の中で座右の銘となるほど感銘を受けたものでした。

その次に関西で私が学んだことは……話にはオチをつけろ、オチがなければ作れ。でしょうか(゜゜)

相棒  

テレビで「劇場版 相棒2」が放送されたので、ブルーレイで持っているにも関わらず見てました。
その中で、登場人物が「平和ボケしたこの国では、テロなんかないと公安の予算が減らされる」と言ってましたが、そのすぐ後に、「来週のこの時間は「劇場版相棒(1)」、右京と薫が爆弾テロに挑む!!」とナレーションが語ったので、思わず「テロあるじゃん」とテレビに向かって突っ込んだのが本日のハイライト。

そういえば、相棒って一時期警察のポスターに採用されてましたが、そのドラマで「警察上層部は腐りきってる」的なシナリオやって大丈夫なのでしょうか、と思わず突っ込んだのが本日のハイライトその2

▼本日のハイライトイラスト

おてんば姫。

というわけで、本日は姫について何か語ろうかと……思いましたが、特に何も浮かんでこなかったので寝ます。

ざんしょ  

10月になったというのに、暑い日が続いてます。
昔から、寒いのには強いけど、暑いのは本当に苦手なので、とっくに秋装備になった我が家の中で、いまだに私の部屋だけは夏装備のままです。
残暑も年々厳しくなり、ここ数年、私の部屋は扇風機を片付ける同じ日にコタツを出すのが当たり前になってます。
どうやら、私の中で最近の秋は分単位で終わっているようです。

思い出すのは、はじめて関西に引っ越した年の夏……
何もしなくても汗が吹き出て、寝たくても眠れない熱帯夜を人生ではじめて経験(うちの市は、観測史上まだいちども熱帯夜を記録したことがないので)、夏休みに実家に戻ってきた時、こっちはなんて涼しいんだ、今までこんな夏を暑いとか言ってたのか!と感動していたら、外から「今日は暑いねぇ、この夏一番の暑さですって」という近所のおばさんの会話が聞こえて、思わずどこがやねんっ!!とツッコミに行きたかったほどでした。

その代わり、関西の冬に馴れきった体でこっちに戻ってきた最初の1年目は、どこが寒いのに強いんだ?ってくらい寒さで震えましたが(。。)

そんなこんなで、最近描いたイラスト。


ゴスロリさん


刀使いのポニテさん


全員集合(クリックで拡大図がでます)

お菓子ちょうだい  

10月になったので、季節イラスト。

ハロウィン。

しかし、いつの間に日本でこんなにハロウィンが当たり前の光景になったのでしょう。
近所のホームセンターに行っても、もはや普通に「ハロウィンコーナー」が設置されていました。

私の中でハロウィンといったら……



まっさきにこれが浮かぶんですけどねっ!!

甥っ子は2歳の時には既に子供会でハロウィンパーティーとかやってました。
これからの世代は、クリスマスの様に「子供の頃からあった、当たり前なイベント」として受け入れていくのでしょう。

関西の風習だった恵方巻きが、いつの間にか日本中のコンビニで取り扱うようになった様にっ!!

ハロウィンといい恵方巻きといい、遡ればバレンタインやホワイトデーに至るまで、「単なるメーカーや販売店の戦略だ、そんなのに乗せられちゃって」的な意見もよく聞きますが、買い物こそが経済を潤滑に進め、景気回復の近道です。どんどん乗ればいいじゃない、というのが私の意見です(((((・・)

▲Page top