FC2ブログ

日々是好日、或は理想と現実

戦国昔語り  

先日、かつて私もプレーしていたMMO(多人数同時参加型オンラインRPG)信長の野望Onlineで天下分け目の決戦が終了し、一つの区切りがついたそうです。
いい機会なので、いつか書こうと思っていた、回想録でも書いてみようと思います。



私がプレーしていたのは、「飛龍の章」と呼ばれる時代で、烈風サーバの武田家(現在の真紅サーバ)に所属していました。

戦国時代を舞台としたMMOとした登場した「信長の野望Online」ですが、単に戦国というだけではなく、それぞれの土地には、その土地に伝わる妖怪がフィールド上の敵キャラとして登場、クエストも土地の昔話に関わるものが多く、各地に存在するダンジョンは、いわゆる「昇仙峡」とか「東尋坊」といった実在する観光地で、まさしく日本を舞台としたひとつのテーマパークにも近い世界感でした。


▲昇仙峡。


▲甲斐のフィールドでは富士山も見えます。


▲信州・光前寺の「早太郎伝説」にまつわるクエスト。

更には、強ボスとして、古事記に登場する八雷やイザナミまでもが登場、戦国時代による武将たちの戦いがA面、イザナミを大ボスとする人間と妖怪たちの戦いがB面と、一粒で二度美味しい世界設定でした。


※八雷=イザナミから生まれた八人の神々、詳しくはこちら

飛龍の章とは、今となってはかなり初期の頃になるのですが、当時はとにかくマゾ仕様と呼ばれていました。
どこかへ狩りに行くにも、7人集まるまでに時間がかかり、多くのプレーヤーが集まっていたマップの中央に位置する「美濃」へ移動しなければならず、ようやくメンバーが揃っても、そこから狩りの目的地に行くまでに様々な困難があり、戦闘では、苦労して集めた武器・防具には「耐久度」が存在するため、使い続けるといつかは壊れてしまう。
戦国が舞台である為、敵対する国に所属していると、その国に入っただけで門番に襲われ、私が所属していた武田家は、その美濃を本拠地とする斉藤家と戦っていたため、美濃を移動するだけでも緊張したものです。

特に、八雷との戦いに至ると、このボスキャラが本当に強くて、当時は「40回戦ってやっと勝てた」という難易度でした。それも、その日限りの即席パーティーを組んで挑むことがほとんどなので、息が合わなかったりすると、それはもう目も当てられない速攻の壊滅も何度も体験しました。

ある日曜日の出来事です。
朝からメンバーを集める→昼頃にやっとメンバー7人が集まる→目的地に到着、他にもいくつものパーティーが順番待ちをしている→夜、ついに自分達の番がくる→戦闘開始5分で壊滅→「もう1戦しますか?」「ちょっと明日朝早いので……」→解散
日曜日を返せ!と何度叫んだことでしょう(。。)

信長の野望Onlineは、単純にレベルを上げれば強くなるというものではなく、さすがにSLGを作り続けた光栄だけあって、敵の行動をしっかりと見て、戦略を立てて対応しないと、どんなにレベルが高くても簡単に全滅する仕様でした。
それゆえに勝利したときの達成感と高揚感は癖になってしまい、自分が八雷クエストを終わらせた後は、何でも手伝いと称して、野良パーティーの八雷手伝いによく行ってました。





さて、自分の信長プレーではずせない単語が【真田部隊】でした。
戦国大名に所属するプレーヤーは、それぞれ武将の部隊に編入されます。これは、どの武将の部隊になるかはランダムなのですが、私は幸運にも史実で大好きな武将である真田幸隆部隊に所属することとなりました。



部隊チャットという、その部隊内だけで行えるチャットが存在し、真田部隊は合戦がない週でも、雑談のために常時賑わっていました。


▲真田部隊で自主的にイベントを行ったこともあります。

そして、戦国時代を舞台としているだけあって、華となるのが「合戦」でした。
敵味方あわせて数百人ものプレーヤーが集まり、真正面からぶつかりあう大規模な陣取り合戦が始まります。








▲初対戦のとき


▲一度倒すと、二度目からセリフが変化

血沸き肉踊る、最大のイベント……でしたが、私は個人的にあまり合戦は好きではありませんでした。
100人近くが参加している大規模な対人戦である以上、どうしてもチャット内では戦っている相手国への罵詈雑言が飛び交い、更に一度合戦がはじまると、7日間ぶっ通しで行われるという仕様も、心身を削られました。
勿論、「自分の参戦できる時間だけ参加」すればいいのですが、どうしても必要以上に無理して参加してしまい、この頃は完全にリアルの生活を二の次にして、いわゆる「廃人」一歩手前にまでなっていました。

このことから、合戦から気持ちが少し離れ始め、自分の中で最大の目標であった八雷クエストを終わらせたあたりから、私の中では燃え尽き感が出ていました。
また、MMOゲーム全般に言えることですが、やってるときは楽しいけど、その間、他の事がまったくできない日々が続いていたことも気になり始めていました。

そんな日々の中、戦国の情勢は一変していきます。
武田家は、長年戦い続けていた斉藤家との間に突如和睦が結ばれ、合戦そのものがまったくなくなる平穏な日々がはじまりました。
しかし、当時、最強勢力だった上杉家が、北条、雑賀といった敵対勢力を次々と併合し、その矛先はいよいよ武田家に向けられました。
毎週日曜日に開かれていたプレーヤーが自主的に行っている、その後の外交方針を決める「軍議」の席で、「どうせ向こうから攻められるんだから、それならこっちから攻め込もう」という案が多数決で決議され、武田家は上杉家に「川中島の戦い」を挑むことが決定します。
それから実際に合戦がはじまるまでの期間は、鮮明に覚えています。
上杉家に滅ぼされた他家の人や浪人が次々と武田家に仕官、勝ち目の薄い戦いにも関わらず、妙に活気付いた甲府の光景は、どこか空元気にも見え、「史実の大坂の陣直前、浪人たちが大坂城に集まったときも、こんな感じだったんだろうなぁ……」と思ったものです。

ところが、いざ決戦がはじまり、蓋を開けると、合戦はまさかの武田家の大勝となりました。
武田家の勢いは止まらず、本来武田家が最も苦手としていた平日昼間(当時の武田は、別名サラリーマン国家と呼ばれ、プレーヤーに会社員が多かったため、昼間は本当に人が少なかったのです)の時間帯ですら相手を圧倒しはじめました。

勝利に活気付く光景を見ながら、「この辺がいい引き際かもしれない、負けている時に引退するのは仲間に悪いが、ここまで大勝している今ならいいだろう……」と、私は「信長の野望Online」から引退を決意しました。

オンラインゲームで「引退宣言」をしても、すぐに撤回して戻ってくる光景を何度も見てきたので、私はあえて引退宣言をせず、誰にも告げずに、いつもの様にゲームを終了した後、そっと「信長の野望Online」をアンインストールしました。

その後、聞いた話では、仕様の変更や外交情勢の変化などもあり、一時上杉、浅井連合軍によって盛り返されたものの、武田家は上杉家との戦いを和議で終え、その後徐々に戦局を覆し、最終的には浅井家、徳川家に勝利、(この間、それまで敵対だった浅井家と同盟し、同盟国だった徳川家との戦いがはじまるといった、まさに戦国っぽい展開を迎えていたそうです)先日行われた「天下分け目の決戦」で上杉家と決戦を行い、天下統一を果たしたそうです。
この後、一旦勢力図はリセットされ、再び戦乱の時代になるそうですが……

色々ありましたが、引退して何年もたつのに、今でも時々思い出すオンラインゲームでした。
ちなみに、当時私はノートパソコンでこのゲームを行っていたのですが、ベンチマーク(ゲームのグラフィックにどこまで耐えられるか数値化したもの)は、62でした。
これは、メーカーが「最低100はないと厳しい」といっている数値を大幅に下回るおそろしいまでの低性能でした(。。)
で、今使っているパソコンで試しにベンチマークを測ってみたら、319でした(。。)
このパソコンは、別にネットゲームに特化したものではないので、グラフィックボードはそんなにいいものを積んでいないはずなのですが、この数年でパソコンの基礎体力がどれだけ底上げされたのかよくわかる結果となりました(、、)


では、最後に懐かしいSSと共に思い出を……


▲国力ランキング3位、私財なげうって頑張った(。。)



▲天下一品(そのサーバに1つしか存在にしない武具)を手に入れたこともありました。
速攻で襲われて奪われましたがっ!!


▲雛祭りイベントで手に入れたアイテム。
他のネットゲームに比べて、圧倒的に預けられるアイテム数が少なかったのに、雛祭りだけでアイテム枠30以上必要とか、とことん優しくない仕様でした。


▲仲間内で行った「諏訪湖花火大会」。


おまけ、当時描いた「自分のキャラのイラスト」

▲1stキャラ「封牙舞」(雅楽巫女)


▲2ndキャラ「篝那子音」(神典巫女)


▲3rdキャラ「封牙刹那」(召喚陰陽師)

おまけのおまけ
ユーザーが自主的に行った「全国合同市」のポスターを描いたこともありました。




この頃は既に引退していたのですが、知り合いが発起人として行った市だったので、ポスターで協力しました。この日のために光栄がサーバを強化したという逸話もある、最大規模のユーザー主体イベントでした。

ハンドスプリングスローなんて何年ぶりに見ただろう  

この一週間、チャンピオンズリーグやらヨーロッパリーグやら、U-23日本代表やら、アイスランドの背番号7番やら、色々なサッカーの試合がありました。


アイスランドの7番


それらの話題をぶんなげて、突然なんの脈略もなく「そういえば、あの選手どうなったんだろ」と思い出した話題でもしようと思います。

その名は「ステファン・イシザキ」

あれは、もう何年も昔のこと……当時のスカパーは、今以上に放送している試合が多くて、中には、これ日本でいったい何人が見るんだ?みたいな試合も多々ありました。
ある日、オリンピック予選を兼ねたU-21欧州選手権が放送されていました。とはいえ、欧州の若いスター選手は、飛び級でA代表に行くので、有名な選手はほとんどいません。それでも、BGM代わりに流しておこう……と適当に流していたら、実況が「スウェーデンにステファン・イシザキという選手がいますね、何者なのでしょうか、情報が入り次第お伝えします」と言い出したのです。
結局、情報が入らなかったのか、そのままスルーされましたが。

で、調べてみたら、父親が日本人の日系で、スウェーデン生まれのスウェーデン育ち、日本語はまったく喋れないそうです。

石崎なら、DFだろ!!



という、キャプテン翼世代の期待を裏切り、彼はMFでした。
一時はセリエAに移籍し、A代表にも名を連ねていましたが、現在はスウェーデンのリーグに戻り、代表からも遠ざかってしまい、ワールドカップメンバーからももれてしまった為、日本で彼の名を聞くことはまずなくなってしまいました。
ちゃんとプレーを見た時間は、ほんの僅かなものでしたが、名前ひとつで記憶に残る選手でした((((・ω・)

今日のアイスランドの背番号7ことソルステインソンも、記憶に焼き付けましょう((((・ω・)
でも、ハンドスプリングスローって、飛距離は伸びるけど、ファールスローをとられやすい&遠くに飛ぶだけで精度が低く、チャンスに直結するわけではない……で、自然と廃れていった技術なんですよね(。。)

▼本日のイラスト

薄幸な人

信州合宿  

毎年恒例となっている信州合宿、という名の単なる遊び会を行いました。
もともと、遠方にいる友人を招いてスキーをしていた会なのですが、スキーは面白いけど、それだけで丸一日終わってしまうので、いつしか普通に遊ぶ会になってしまいました。

学生の頃と違い、皆なかなか長期休暇がとれず、土日と有給を合体させてかろうじて2泊3日でしたが、バイキング、温泉、蕎麦、スカパーでの欧州サッカー観戦、ウイニングイレブン大会と、予定していた行事はほぼ消化できました。カラオケだけ行けませんでしたが(。。)あと、香川の練習中の怪我・試合欠場は想定外の出来事でしたが(、、)

しかし、出発直前の大雪で、奈良の友人が急遽職場の雪かきを頼まれたり、雪道で車がスリップしたりと、到着まで難儀していたみたいです。
もうスキーしないんだから、冬にこだわる必要もないので、今後は秋合宿にシフトする予定です。避暑地なんだから夏にすればいいのですが、友人の1人は、仕事柄夏は休めないので(。。)


▼本日のイラスト

皇帝陛下

情報発信源  

本日のイラスト

むか~し描いたもののリメイクですが。

さて、新しいイラストを描くたびに思うのです。
自分の情報を発信する場所が、最近は多すぎる……と。
サイト、ブログ、ミクシィ、ピクシブ、フェイスブック、ツイッター、他にも多くのSNS……
自分が今のところやっているのは、サイト、ブログ、ミクシィ、ピクシブです。
ツイッターは、興味がないこともないのですが、自分が今何をやっているとか、誰が興味もつんだろ……(。。)と考えてしまうと、登録には踏み切れず。
でも、前に自分がぼそっと呟いたことを、友人がツイッターで「知り合いがこんなことを言っていた」と書き込んだら、それがものすごい勢いで広がったことがあって、なんか…ツイッターって面白そうだな……と、そのとき密かに思いましたw

これ以上イラスト系SNS登録を増やしても、結局同じ絵をアップするだけだし、ミクシィは足あと機能がなくなってから急激に興味がうすれてしまったし……まぁ今後も細々とサイト中心にやっていきます(。。)

写真だらけです  

学生時代からの友人から電話がかかってきたのです。

友人「今度の大阪同窓会では、互いのアナログ時代の写真をもってこよう。昔話に花を咲かすこともできるし」
私「……あの、コスプレ姉ちゃんと一緒に笑顔で写っている写真とかもか?」
友人「当然だ(・・)」


どうせ持っていくなら、デジタル化した方がいいか……いずれ過去のアナログ写真を、全てデジタル化しようかなと思っていたし、これはいい機会かもしれない。
というわけで、デジカメ購入以前の昔の写真を、全てスキャンすることにしました。
……気がついたら、朝までかかってました(。。)

しかし、こういうときにipadがあると、飲み会の最中に写真を見せるのも楽なのでしょうね……もうすぐ3が出るとの噂なので、3が出たら、値崩れした2を狙うという手も……でも3はバッテリーが長時間持つという噂だし……うーむ。
まぁ、ipadは置いといて……過去の写真から、適当にピックアップしてみます。


▼アメリカ旅行


ユニバーサルスタジオに行ってきました。
まさか、後に自分の住んでいた場所のすぐ隣にUSJができることになろうとは……


▼サッカー観戦


日本代表、Jリーグ、ジャパンツアーやクラブワールドカップで来日したバルセロナ、ユヴェントス、マンチェスターユナイテッド、それなりに色々見てきました。最近はすっかりスタジアムに行ってませんが……


▼風景






とにかく、雨上がりの雲と夕日を撮影するのが昔から大好きでした。


▼歴史探訪の旅

広島城、大河ドラマ「毛利元就」放送中でした。


姫路城


名古屋城


松本城


大阪城、近くに住んでいたからこそなかなか行かない代名詞でした。


新府城跡地、長篠で散った英霊達を慰めて。


上田城


高島城


歴史を動かした「鐘」、国家安康 君臣豊楽


川中島、創作説もありますが、やはり一騎打ちはあったと信じたいものです。


松代真田邸、真田関係は、上田、松代、九度山、大阪と一通り回ってきました。



信玄公祭り

他にも色々行ったけど、きりがないのでこの辺で(。。)


おまけ

お台場にガンダム立つ。

圧倒的圧縮率  

かつて、ビデオで録画した番組は、DVDとなり、そしていまはブルーレイに……
ハイビジョンの番組は、もちろん高画質で残したいのですが、ビデオ時代、DVD時代に録画していた番組は、正直画質にこだわる必要もなくなったということで、去年の物置大整理のときに、すべて「動画ファイル」に変換してHDDに詰め込み、DVDは物置に放り込みました。



まぁ、既にバックアップ込みでデータ化したので、このDVDはもういらないと言ってしまえばいらないのですが、長年かけて作ったDVDを即捨てるというのももったいない気がしたので……



家電屋で安売りしていた大容量ディスクケースを購入して……



DVDを詰め込んだら、このくらいのサイズになってしまいました。
棚が丸ごと一つ空くという、圧倒的圧縮率でした。

まぁ、今のところ、空いた棚に入れるものがないので、ごっそり空けたままになっているのですが。

ちなみに、ケースはまとめて天井裏に置いて、今後作っていくブルーレイディスクに流用する予定です。
最近、DVDに続いて、ブルーレイも全部スリムケースになってしまったので……個人的にはスリムケースって好きじゃないんです。棚に並べたとき、タイトルがわからないし、なんというか重厚感がないし……w


▼本日のイラスト

弓使いさん

ちりも積もればごみとなる  

アマゾンから届いた商品ががっかりする完成度だったり、舌に口内炎ができたり、他にも大小様々なアクシデントが連続攻撃を仕掛けてきて、まったくテンションの上がらない土曜日でした(、、)

気分転換に、何かでっかい買い物でもぱ~っとするか~と思ったものの、家電はもうすぐ春モデルが出る季節だから、もう少し待とうかな……

つい数日前、パソコン買い替えを踏み切れない知人に、「家電やパソコンは、永遠にバージョンアップを続けるイタチゴッコみたいなもの、買いたいと思ったときに買えばいいのだ!!」
……なんて言った様な気がしますが、気のせいです、きっと。


▼本日のイラスト

陰陽座のボーカル「黒猫」

家電は無意識にパナソニック  

本日のお買い物
私の……ではなく、我が家の。

ホームベーカリー。
一時期テレビで話題になった、「残り物のご飯から簡単にパンが作れる」というものです。
親が前々から興味をもっていたらしく、今回ついに購入に踏み切ったそうです。
家電好きとしては、いつもの様にセールスポイントを懇々と説きたいところでしたが、料理をまったくしない自分には完全にノーマークな商品だったので、今回ばかりは単なる荷物持ちと説明書の再構築……本当に必要な箇所だけコピーして繋げて1枚の紙にプリントアウトする……に留まりました。

さて、テレビでは、まるで「ごはんを入れたら、次の日には勝手にパンになってる!!」……くらいの手軽さで紹介していましたが、実際は一緒に色々な材料を計量して入れなければなりません。
とりあえず、作り方を見て……

料理をしない自分 「えぇ?!こんなに面倒なの?」

料理をする親 「えぇ?!こんなに簡単なの?」

………あ、料理する人としない人の温度差がはっきりと(。。)

そんなこんなで、早速パンを作ってみましたが、もちもちした食感で、想像以上に美味しかったです。
ちょっとご飯の匂いが残っている気もしましたが、本来は冷ましたご飯を入れなければならないところを、温かいまま入れてしまったので、それが原因かもしれません。第2弾を作ったら、更に美味しくなるかと思います。
個人的には……
【市販の食パン<<<ご飯パン<<<祇園パン】
こんな感じでした。
……いや、祇園パンの美味しさは別格ですよ。
……値段も別格なのですが(、、)


▼本日のイラスト

2月になったので、バレンタインイラスト。

▼本日のお買い物 今度は自分の

冬目景最新作。
独特の画風と雰囲気で、毎回面白い作品を作るのですが……とにかく浮気性というか、1つの作品が完結していないのに、次から次へと新しい作品を描き始めるんです。
おかげで、「続きが気になる作品」が、いくつも同時進行することになっています(。。)

▲Page top