FC2ブログ

日々是好日、或は理想と現実

フニフニフニフニ  

地元の新聞をみていたら……



わが市のマスコットキャラが、県の人気投票2位。
どうみても、他のゆるキャラと比べて浮いている気もしますが……
1位のキャラは県の観光振興課という巨大なバックがついていて、あちこちでグッズを売ってたりしているので、事務所の力でしょう。よって、実質1位ですね(支離滅裂な思考・発言)

ちなみにこのナミキちゃん、イラストは応募された100以上の作品から市民の投票で選ばれたのですが、私もこっそり送ってました。
街にあるりんご並木にちなんだキャラなので、「イラストのどこかに必ず林檎を入れること」という条件でした。



「でも、実は子供の頃から林檎より梨が好きだったんだよねぇ」
「裏切り者だっ!!取り囲めっ!!」


▼本日のリメイクさん




そして、今年ももうすぐこの季節がくる……





アクセス抜群(目をそらす)


もばいるGO  

基本的に、メインの作業はいつの時代もデスクトップパソコンを使っていました。
それと同時に、ノートパソコンで録画した番組を編集したり、カーナビに入れる音楽を管理したりしてました。


後にタブレットが加わりました。
本来のタブレットとしての機能は、スマホを導入してから完全に奪われてしまい、ほぼ動画再生専用機となりましたが、私は昔から作業中にBGM代わりに何か動画を流しておくので、作業の補佐的な扱いで重宝していました。



その両方が、同時に調子が悪くなり、しばらくはだましだまし使っていましたが、ついにモニターまで見えなくなってしまい、限界がきました。

さすがに2つも買い直す余裕はないし、どっちを選ぶべきか……
などと考えていたら……



「Surface Go」
両方のいいとこどりの凄い奴がいた!!



普段はタブレットとして使い、必要な時だけキーボードとドッキングすると、ノートパソコンに。
このドッキングが、近づけるだけで強力な磁力でガシャン!と勝手にくっつくという、男心をくすぐるギミックで……(爆)

元々セカンドPCなのでそこまで高スペックは必要としないのですが、それでも10年近く前のノーパソとは基礎体力が全然違い、若干心もとなかったHDDもマイクロSDカードをとりつけることで補完し、それまで使っていたDVDドライブも引き続き接続でき、いまのところ若干のアプリケーション変更はあったものの、やりたかったことすべてができています。

これでまた、10年戦える。


▼本日のリメイク



皇女と王様

新聞紙を100回折ると宇宙の広さになる  

あくまでも、理論上は……であって、実現は不可能ですけどね。
0.1mmを2倍にして……を103回繰り返すと計算上はそうなります。

たまに、なんとなくぼんやりと「宇宙の広さ」を考えることがあります。
1秒で地球を7周半回るほど早い「光」は、月まで1.3秒で到着します。
太陽までなら8分です。
さすが光速、宇宙の果てまで簡単に行けそうですね!

太陽系から一番近い恒星プロキシマ・ケンタウリまで、4.246光年……光の速さで4年ちょい。

前言撤回。

銀河系の端から端まで10万光年……銀河系から一番近いアンドロメダ銀河までが250万光年。
光の速さで10万年とか250万年とか走り続けてやっとたどり着く距離です。

めまいがしてきました。

現在、理論上観測可能(実際に観測できるわけではない)とされている宇宙の広さは、約930億光年。
光の速さで930億年走り続けて……もういいか。

宇宙の壮大さを考えていると、なんかもう小さなことで悩むのが馬鹿らしくなります。

そう、やっと完成したイラストを、うっかり縮小した状態で上書き保存したことなんて、小さなことです。

…………

…………

…………ちっさくねぇよ(;□;)


▼本日のリメイク

うっかり上書きされされた皇女。


令嬢とおっさん

おまけ
広さだけではなく、大きさも考えるだけでくらくらしてきます。


昔は知り合いの番号って丸暗記してたよね?  

デザインがお気に入りだった家電話。



長年使ってましたが、子機の充電がうまくいかなくなり、この度ついに買い替えることに。
まぁ、携帯・スマホがメインとなった現在、家電話は本当に最低限の機能があればいいので……



重要なのは機能よりもいかに部屋に溶け込むかのデザインです。

しかし、昔から何かが故障すると、連鎖的に次々と問題が発生します。
洗濯機からは、モーターがそろそろ限界な感じの音が鳴り響きはじめていた為、電話を買ったついでにパンフレットを何枚か持って帰りました。

最近の家電は、スマホでの遠隔操作が可能なものも多く、実際私もHDDレコーダーでは重宝しています。
東京や京都に出かけている間でも、「この番組面白そうだな」と思ったら、スマホで実家のレコーダーに録画予約でき、wifi環境があれば、録画した番組を外出先に転送して視聴することすら可能です。

……ですが。
さすがに洗濯機の遠隔操作って、どういうこと?!
あらかじめ洗濯機の中に洗濯物と洗剤をいれてないと、遠隔操作しても意味ないよね?!
そこまで準備して、洗濯スタートだけ外出先からする意味とは?!

「まさか、私が知らない間に、スマホ一つで洗濯物がドローンによって勝手に洗濯機の中へ運ばれる時代が……」
「来てないぞ」


▼本日のイラスト

体育の秋。

いつも心にバルゴのシャカを  

今日も山奥の温泉へ。
秘境の露天風呂に地元民は100円で入れる幸せ。
……そこにたどり着くまでがかなり遠いのですが。

そんな温泉の喫茶店に、「星空が見えるテラス」という売り文句がついてました。
となり村が「日本一の星空」で突然有名になって、全国から観光客が押し寄せる様になりましたが、「それなら近くのうちらだって似たような星空いくらでもあるぞ?!」という感じで、最近やたらと「星空」というフレーズを見かける様になりました。

この突然の星空ブームは都会の人が発見したそうです。
村で生まれ育った人たちは、その星空が当たり前の光景だったので、まさか村おこしに使えるなんて都会の人に指摘されるまで気付かなかったとか……まぁ、人伝いに聞いた話なのでどこまで本当かわかりませんが。

ちなみに私は小学生の頃天文クラブに入っていて、宇宙とか星座とかの話が大好きでした。
科学の結晶である宇宙の謎解明と、ある意味科学と真逆にある星座の「神話」が同居する不思議な空間、それが宇宙。

なのですが……私昔から納得いかない部分があるんです。

ギリシャ神話によると、蟹座は、勇者ヘラクレスに挑むものの、返り討ちにあった蟹の勇気をたたえて女神ヘラによって空に上げられ星座になりました。
からす座は、神の使者として人間の言葉と美しい羽をもっていたカラスが、神に対して嘘をついた(勘違いだった説もあり)ことにより、罰として言葉を奪われ、羽は真っ黒にされ、天に追放されて星座になったとあります。

星座になることが「ご褒美」だったり「罰」だったり、神話によって設定がバラバラなんですよ!!世界観だけは統一してくれませんかねっ!!


▼本日のイラスト



今日からしばらく過去のキャラクターリメイク祭りにはいります。

むかしむかしあるところに  

出かけようとしたら、ガレージの内側にアゲハチョウがもがいてました。





とりあえず、お帰り頂きました。

蝶に限らず、部屋に入ってきた虫とかは、可能な限り逃がしているのですが……あいつら未だに1匹も恩返しに来ません。
やっぱ、鶴くらいじゃないとダメなんですかねっ?!

昔話といえば、最近はマイルドにアレンジされているそうです。
例えば桃太郎は、鬼を倒すのではなく鬼と和解して、歌の歌詞ではっきり「分捕り物」と言っていた宝物は、鬼の方から友好の証として渡されたことになっているそうです。

では、我々が知っている昔話が真実かといえば、それすらもマイルドにアレンジされたものです。
一時、「本当は怖い昔話」系の本がブームになりましたが、本来の物語は何の救いもないものが結構ありました。
それは、本来はあくまでも大人が読む「物語」であったからですが、それがいつの間にか「子供に何かしらの教訓を与える話」に立ち位置が変わったため、アレンジが加わっていったそうです。


ところで、むかーしむかし、ふぁみこんで「新・鬼ヶ島」というゲームがあったそうじゃ。
このゲーム、とにかく音楽が最高で、子供の頃耳コピーして、楽譜を作ってピアノで演奏したものじゃった。
そして、人生ではじめて買ったしーでぃーが、その新・鬼ヶ島だったそうな。
時は流れ、ゆーちゅーぶというもので検索したら、こんなものがあったそうじゃ。

※埋め込み不可設定らしいので、クリックして直接開いてください。


めでたしめでたし(何が?)

なつやすみ  

東京では、猛暑にもかかわらず、いつも通り53万人が来場したイベントに参加してきました。



絵描きの打ち上げは焼肉が定番。

帰宅後は、甥っ子の夏休みにひたすら付き合っていました。
では、夏休みの思い出を写真と共に振り返ってみましょう。







食べてばっかりだな。

いえ、温泉いったり、テニスしたり、毎日色々なイベントをこなしましたよ(゜゜)?
ちなみに最後の定食は、鹿の焼肉定食ですが、これは大鹿村に行った時に食べました。
そして、偶然にも川で魚のつかみ取りイベントがあると聞いて、甥っ子を連れて行きましたが、その時車をとめた場所のすぐ近くに……



思わぬ形で聖地巡礼をすることになりました。
おそらく、多くの人が「……なんの?」と思うでしょうが(。。)
数年前に一度触れた「大鹿村騒動記」で舞台となった食堂です。





大鹿村では、60年前の水害で削れた山肌が今もそのまま残っています。

聖地巡礼と言えば、先月地元にこんな記念碑が建ったそうです。



が、この話はいずれまた別の機会に……(するとは言ってない)

そんなこんなで、甥っ子も京都に帰っていきました。
最後は雲写真で〆ようと思います。













いろいろな表情の雲。

台風を やりすごしてから おいかける  

明日から、ちょっと東京へ行ってきます。
というわけで、今日は特にネタもなく、撮影した本日の雲(虹付き)でも。







では、行ってきます。



だいぶ前ですが、とある番組で、吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」の歌詞と一致する村は存在するのか、というのをやっていました。
へぇ~どこの村だろうと思ってみていたら、いきなり地元の隣村が登場しました。

(「俺ら東京さ行ぐだ」の替え歌で)
テレビはある ラジオもある 車はまぁまぁ走ってる
ピアノはある バーは無ェ おまわりロケ日は外してた
朝起きて 牛連れて 二時間ちょっとの散歩道
電話はある バスもある バスは1日5本来る

ギターはある ステレオある そいつはさすがに見たことある
喫茶はある ギリだがある 若者一人じゃねぇけれど
小学校中学校 合わせた学校がひとつだけ
薬屋ある 映画は無ぇ さすがにこないぞ紙芝居
ディスコもねぇ のぞきもねぇ レーザーディスクは何者だ
カラオケは あるけれど 急に行っても歌え無ぇ(※電話で予約が必要)
夕刊無ぇ 雑誌も無ぇ たまに来るのは回覧板
信号ある 2個だけある おらの村には電気がある

でも売木村には でも売木村には 温泉が出るだ
温泉があるから宿泊施設も リニューアルしただ
(歌詞一致率37%)



そんな売木村へ、夏休みでこっちにやってきている甥っ子をつれて、ブルーベリー取り放題へ行ってきました。
地元といっても、車で1時間はかかるのですが……しかも、都会の1時間と違って、移動距離はなかなかのものです。
2つしかない信号では、足止めされることのもないので!

ブルーベリーをたらふく取った後、リニューアルされた温泉……は、定休日だったので、初めて行く温泉へ行き、その後昼食を食べに食堂に入ると……



どうやら、そんな山奥まで、萌え文化に侵食されている様です。
ちなみにコロッケはすごく美味しかったです。


▼本日のイラスト

「夏」
この猛暑、いつまで続くのでしょうか。

審判「よく見えませんでした」という判定がある。  

普段スポーツというと、サッカーのことしか話してませんが、他にも興味のあるスポーツは色々あります。
その中の1つに、自分も小学生の頃やっていたバドミントンがあります。

ダブルスで県大会に出場する予定でしたが、コンビを組む相手が突然の骨折でまさかのリタイア。
まぁ、その骨折も、うちの別荘に遊びにきて、そこで皆でサッカーしてた時に豪快にこけてのことだったのですが(。。)

そんなわけで、今クールの気になるアニメ、それが「はねバド!」



高校のバドミントン部を舞台にした青春群像劇かな。
どれ、ネタバレにならない範囲で、原作がどんな漫画なのかチェックを……

1巻の表紙。



なるほど、かわいい。



なるほど、母親の英才教育で卓越した才能をもちながら、本人は訳あって最初はバドミントン部に入りたくないと。



……ん?



ヒイッ?!




これ、本当に同一人物なんですか?!
ヒロインに何があった……というか、作者と作風に何があった!!

その謎を解明すべく、我々はアマゾンの奥地へと向かった。

▲Page top