http://yuzurihablog.blog79.fc2.com/
2度あることはサンドア~ル (SEGA)
2017-04-23 Sun 02:26
今年の桜【完結編】

というわけで、ちょっと用事のついでに隣の村で桜を撮影。
ここより更に標高の高い山の方は、まだこれから咲き始めるので、とっくに桜の話題が終わっている世間との時間差を感じてしまいます。
(今日の写真はクリックで拡大します)













今日は特にネタもなく、写真のみで終了。

別窓 | ∇Drive | コメント:0 | トラックバック:0 
サクヤコノハナ
2017-04-17 Mon 01:18
さて、前回に引き続き桜巡りの旅へ。



本日の写真は、クリックすると拡大します。



桜並木。



街の方は満開でしたが……



山の方はまだ早かった模様。



同じ山でも、こちらはかろうじて咲いてましたが、満開にはまだかかりそうですね。
撮影して数日たってるから、今はもう満開かもしれませんが。



続いて夜の部。



帰りにちょっと立ち寄った神社。



この階段は、地元の中学校に繋がっていて、運動系の部活はもちろん、吹奏楽部だった私も、1年生は基礎体力作りがメインなのでさんざん昇り降りしました。

「やっぱり、山国育ちって足腰鍛えられてるの?」

「高校の強歩大会とか、普通に40キロ走ったしね」

「想像通りだな」

「だが、それは高校卒業までだ。
卒業と同時に免許をとり、マイカー生活に入る。
電車もバスもない土地柄だからな……すぐそこのコンビニでさえ車を使う。
毎日駅まで歩いている都会人の方がよっぽど歩いているわっ!!

あくまでも、個人の感想です。

別窓 | ∇Drive | コメント:0 | トラックバック:0 
サクラファンタジー
2017-04-13 Thu 02:01
今年も桜の季節がやってきました。
うちの町には1寺院につき1本ずつ桜の樹があり、この時期にはよく観光バスが桜巡りにきています。
私も数年前から、桜マップを用意して、「毎年違う場所に行って、このマップを少しずつ埋めていこう」とあちこち回っているのですが、まだ少し満開には早かったので、今回はちょっと満足いく写真はとれませんでした。





え?元気ないの??という感じですが、この片側だけ流れ落ちている形が、逆に珍しい人気の桜らしいです。



ここは過去に何度も来ているのですが、近くの温泉の途中にあるので、せっかくだからと今年も立ち寄ってみたのですが……
そこには、桜をバックに撮影する大勢のコスプレーヤーがいました。

どうやら、撮影イベントをやっていたみたいです。
すぐ近くにあるテーマパークでも連携して撮影会が行われたらしく……







確かに、これほど撮影に向いているテーマパークも、なかなかないでしょう。

一時は潰れるんじゃないか?というくらい人がいなかったテーマパークでしたが、最近は活気を取り戻した模様でなによりです。

ちょっと油断すると、サクラクエストみたいになってしまいますからね!!



別窓 | ∇Diary | コメント:0 | トラックバック:0 
めかにっく
2017-04-10 Mon 03:36
先週、最終回を迎えた「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」
「新選組」をモデルにした物語というだけあって、 終盤になるにつれ、「毎週日曜日の夕方に胃が痛くなる」と揶揄されるほど、主人公たちは圧倒的な体制の前に踏みつぶされていき……





最終回では、討ち取られた主人公のガンダムの首が掲げられるという、あまりにも衝撃的なラストを迎えました。

元々ガンダムの最大の魅力は「正義vs悪」ではなく、それぞれが自分が正しいと思っている者同士の戦いだったので、主人公を倒した側も、決して悪者というわけではなく、主人公たちが目指していた改革を、皮肉にも勝利した敵側が行うという、まさに「歴史は勝者が作る」を描いた結末を迎えました。

ところで、昔からロボットアニメでは、「メカ」と「キャラクター」は、それぞれ別々の人が描いていて、そのくらい全く異なるジャンルであり、私もメカは昔からさっぱり描けません。

とはいうものの、ちょっと必要になったので頑張って挑戦してみました(。。)







やっぱりメカ描くの苦手だ(。。)

別窓 | ∇Illust | コメント:0 | トラックバック:0 
社名の由来は運を天に任せる
2017-04-06 Thu 05:14
定期的に家の物置を整理しているのですが、今回親の棚を整理をしていたら、なんかすごいのが出てきました。



初代ファミコンの説明書です。
長年に渡って業界のトップシェアを飾ったファミコンですが、実は初期版のみ、コントローラーのボタンが「四角いゴムボタン」の時代がありました。
しかし、すぐに不具合が発生し、「丸いプラスティックボタン」に切り替わりました。
我が家にあったのは、その貴重な「四角いゴムボタン」時代のものだったのですが……その不具合によってボタンが効かなくなり、一度任天堂に修理に送った結果、丸ボタンのコントローラーになって返ってきました。

現在においても、語り草となっている、「任天堂の修理は神対応」は、既にこの時から頭角を見せていて、無料保証の対象外だったにも関わらず、無償交換されて返ってきました。
……今考えれば、「不具合」だったから当然なのかもしれませんが(。。)

任天堂といえば、初代ゲームボーイの試作機ができた時、当時の任天堂社長は、試作機を受け取ると、いきなり床に叩きつけ、驚く開発者の前で、「子供が使うものだ、このくらいで壊れては話にならない」と言って、拾い上げて電源を入れ、問題なくついたのでひとまず第一段階をクリヤーした……なんて逸話もあります。
その結果、ゲームボーイは驚異の耐久性を誇り、湾岸戦争の時に兵士たちに息抜きのため支給されましたが、爆撃を受けて黒焦げになっても可動したと……



アメリカの博物館に今も展示されています。

現在任天堂の据え置き機といえば、発売されたばかりの「ニンテンドースイッチ」がありますが、実は私はスーパーファミコンを最後に、任天堂の据え置きハードからは離れてしまっています。(携帯機は持ってますが)

任天堂の思い出といえば、小学校の頃、スーパーマリオをプレーした時に、続編を作るならこんなシステムにしたらどうでしょう、という手紙を送ったことがあるのですが、ちゃんと任天堂から返事が来ました。
そして、数年後に登場したスーパーマリオ3が、偶然にもそのシステムになっていて……
これはもう、私はマリオ3の影のスタッフと言っても過言ではないでしょう。

……過言でした。


▼本日のイラスト

ピッカピカの一年生……ってあのCMも、すっかり放送されなくなりましたね(。。)

別窓 | ∇Illust | コメント:0 | トラックバック:0 
狼が来たぞ
2017-04-02 Sun 05:20
4月1日はエイプリルフール。
最近は各企業が、このたった1日の為に「どこまで労力を注ぎ込んだ!!」というレベルでネタを仕込んでいます。

ここまでくると、逆にこの日に本当の告知をしても、信じてもらえないという、現代版狼少年みたいなことになっています。

というわけで、うちのサイトでも……




案内人の9人が




「いらすとや」にさし変わるというネタを仕込んでました。

いらすとやというのは、フリーの素材集なのですが、最近急激に浸透して、地元のスーパーのチラシから、大型量販店、さらにはテレビ番組まで、見ない日はないというくらい使われています。

しかも、何かニュースが流れると、それをネタにした素材を追加するのですが……

とある農家では、猿をエアガンで追い払っているというニュースが流れると。

「エアガンで猿と戦う主婦」という素材が追加され……

人工知能の進化がニュースになると。

「将来、人工知能に支配される人類」という素材が追加され……

こんなの、どこで使うんだ!!という素材が数多くあります。
こうやって、つっこみを入れられる為だけに、存在するのかもしれませんが(。。)

別窓 | ∇Diary | コメント:0 | トラックバック:0 
クローズドサークル
2017-03-27 Mon 04:30
地元の美術館にちょっと行ってきました。



最初に「項羽と劉邦」展があると聞いた時、「あれ?そんな人形劇やってたっけ?」と疑問に思っていたのですが、川本喜八郎が構想して、実際にいくつかの人形を作ったものの、企画は幻に終わり、日の目を見ることがなかった人形を今回展示したそうです。

ここは撮影禁止なので、写真は一枚もありませんが(。。)

さて、この土日に二夜連続で、ドラマ「そして誰もいなくなった」が放送されました。
アガサ・クリスティーの小説を、現在の日本に舞台を変えて作られたものですが、実は原作の大ファンなので、CMで知った時から楽しみにしていました。
そして、原作の大ファンなので、放送前に既に犯人知ってましたが(。。)

そんな中、ドラマの中で出てきた「エルドビア共和国」という言葉に思わず反応。
同じ放送局、同じ監督のドラマ「相棒」でたまに出てくる架空の国名なのですが、まさかここでも登場するとは。
こういう、世界観を共有している設定って好きで、同じころ、別の場所で杉下右京が別の事件を解決しているのかもしれません。
今回のドラマには、「相棒」でお偉いさんを演じている役者が大勢いましたが(。。)

そして、このドラマは、渡瀬恒彦さんの遺作となりました。
私がはじめて名前を知ったのは……



三国志の「曹操」の声優としてでした。

これは、3部作の完結編なのですが、実は1部、2部では渡哲也が曹操の声を担当していました。
しかし、3部収録のときに病気療養となった為、急きょ「兄弟だから声が似ている」、ということで、渡瀬恒彦に代役が決定しました。

この時はじめて「渡瀬恒彦」という俳優を知りましたが、今回のドラマでは最後の独白のシーンがあまりにも鬼気迫るものがあり、役者魂というのを見せつけられた気がしました。

そして誰もいなくなったは、「クローズドサークル」(吹雪の山小屋や、海の孤島を舞台としたミステリー)を代表する物語で、この設定は現在においても人気が高いものですが……携帯が普及して、もはや「圏外」がなくなりつつ現在では、毎回理由を考えるのも大変そうです。
ミステリーに限らず、恋愛ドラマにおいても、携帯の普及と進化によって、「連絡がとれない」事自体が不自然な描写になったことは、多くのシナリオライターを悩ましていると思います(。。)

別窓 | ∇Review | コメント:0 | トラックバック:0 
限定39000台
2017-03-22 Wed 03:19
NHKで歌舞伎と初音ミクの共演を紹介してました。



私のスマホは、数年前に限定発売されたエクスペリアの初音ミクモデル、「ミクスペリア」なのですが、すごく気に入っています。
しかし、さすがに日進月歩の進化に置いて行かれ、最近はアプリを入れようとしても、「この機種には対応していません」なんてことが、たまーにでてきました。



そんなこんなで、すっかりスマホライフを満喫していますが、基本的には家の中での使用がメインで、wi-fiで事足りるので、いわゆる「0-sim」を使ってました。
月に150円で、外では500MBまで通信できるのですが(容量を超えても速度が遅くなるだけで別に使えなくなるわけではないです)、毎月100MBくらいしか外で使ってないので、何も問題ありませんでした。

……昨年までは。

今年になってから、外での通信速度が遅くなり、もともと極端な安さと引き換えに、速度が遅いことはわかっていたことなので、「かまへんかまへん!」という感じだったのですが、遅いを通り越して、ついにつながらなくなってしまいました。
お店のポイントカードとかをアプリで入れているのですが、店に到着してからアプリを開けようとしても、開かない状態となってしまい、これはさすがに本末転倒。
一時的なものだろうと思っていたものの、一向に回線速度はあがらず、調べてみたら、どうやら自分だけではなくここと契約している人全般に発生している模様(。。)

そんなわけで、本日別のsimに切り替えました。
毎月の料金はちょこっとだけ上がりますが、割と安定していると聞いたので、早速ためしに外で速度を測ってみたら……

ダウンロード アップロード
wi-fi(室内) 44.49Mbps 35.66Mbps
前のSIM(契約した当初) 3.94Mbps 5.16Mbps
前のSIM(ここ最近) 0.04Mbps 2.72Mbps
今回のSIM 37.01Mbps 14.47Mbps

……37.01Mbps?!前の10倍?!

いやいや、これは逆に早すぎてなんか測定ミスなんじゃないかと勘ぐってしまいました(。。)
外で動画を見たり、スマホでゲームをやりまくる人には、「なにその少ない数値」と思うかもしれませんが、LINEや、たまに店で「この商品気になるな、ちょっと調べてみるか」くらいしか使わない私には、十分すぎる速度です。

そんなわけで、私のスマホ生活は新たな章へと突入しました。
相変わらず、ガラケーとの2台持ちなのですが、さすがにもうガラケーは解約してもいいかもしれません(。。)

「前のsimも、最初は快適だったんだよね?」
「不吉なことを言うな」


▼本日のイラスト

黒い知者。


眼鏡ありバージョン。

別窓 | ∇Illust | コメント:0 | トラックバック:0 
かつては3和音で演奏されていた
2017-03-16 Thu 02:05
テレビみてたら、こんなCMが流れました。



一応私は、3歳の頃からピアノをやっていたのですが、途中までは他の生徒と同じ普通の楽譜で習っていたものの、たまたまゲームミュージックの話題を先生にふったら、翌週先生が「これやってみる?」と、ドラクエの楽譜を用意しました。

そこから……



私だけ、ピアノ教室がこんな感じになり、発表会では1人1曲の中、私だけ「第2部:ドラクエコーナー」を設置してもらい、一人で9曲くらい(+司会)やってました。

この頃は、NHK交響楽団がゲーム音楽を演奏したり、ゲームミュージックの地位が上がり始めた頃で、当時の私はまるでゲーム教の教祖の様に、それを広めようとしていたので、まずはピアノの先生から洗脳したわけですね(゜゜)





冒頭のCM「ファイナルファンタジー」の曲の中で、最も人気が高く、最も難易度の高い曲は、「ビッグブリッジの死闘」でしょうか。
当時は、まだちょっとできたのですが、今はとてもじゃないですが無理なので、youtubeで見つけてきた演奏動画に代行してもらいます。
いや、当時でもここまで上手い演奏は無理でしたけどね(゜゜)



まぁ、私はファイナルファンタジーは1~6までしか知らないんですけどねっ!!


▼本日のイラスト

ほろ酔い卒業式

別窓 | ∇Illust | コメント:0 | トラックバック:0 
アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
2017-03-13 Mon 02:49
プレステ4をただの箱にするわけにもいかないので、ちょっと話題になっているゲーム「ニーア:オートマタ」を買ってみました。



とりあえず、エンディングまでプレーして……久しぶりに涙腺をやられる、どっぷりはまる世界観でした。









遠い未来の話、エイリアンが作り出した「機械生命体」と、人類が生み出した「アンドロイド」による代理戦争。

既に人類のいない荒廃した世界を、自由に動き回るオープンワールド。

そして、ストーリーが進むごとに、どんどん崩壊していく世界。



物語は3部構成となっていて、最初は痛快なアクションゲームで倒していた敵のロボが、後に「理由があってこんなことをしていた」という真相を知ったり。





そして、本来「感情」を持たないはずの機械やアンドロイドたちが、人間の様な「感情」を持とうと思った時、どんな結末が待っているのか……

語りたいことが山ほどあるのだけど、それはすべてネタバレになってしまうというジレンマ。

ちなみに、登場人物には、哲学者の名前を模したキャラが多く、話も「サルトルとボーヴォワール」の様な、哲学や思想家のエピソードを元としているものがいくつか見え隠れして、この世界にすごくマッチしていました。





ホラーではないものの、若干「狂気」を感じさせる美術設定にも引き込まれ、音楽も身震いするほどすばらしく、今度発売されるサウンドトラックCD、即予約しました(。。)


しかし、最近のゲームは水面の描写が凄いですねぇ。



……あれ?



最近のゲームは釣りシステムを絶対入れないとならないんですかね?!




別窓 | ∇Review | コメント:0 | トラックバック:0 
| 日々是好日、或は理想と現実 | NEXT