日々是好日、或は理想と現実

先代は紅白にも出場  

沼津市のサイトが荒ぶっておる……



7月13日は、沼津を舞台としたラブライブサンシャインの登場人物の誕生日だったみたいですね。

ラブライブとは、スクールアイドルを目指す主人公たちの汗と涙と友情のアニメですが、同時進行で実際に声優たちが同じ衣装、同じ振り付けでライブを行い、紅白歌合戦にまで出場しました。
物語は一度は完結したのですが、その数年後、別の学校を舞台とした「サンシャイン」が新たにスタート。
サンシャインは沼津が舞台ということもあり、聖地巡礼の観光客の多さから、市でも大きく取り扱っているそうです。
こちらも、声優たちによるライブは健在で、今日放送された音楽の日にも登場しました。


私「まぁ、私はそこまで詳しくないんだけどね……せいぜいラブライブ1期、ラブライブ2期、劇場版ラブライブ、ラブライブサンシャイン1期、ラブライブサンシャイン2期を見た程度かな」

友人「さすが古参ライバーは謙虚ですね(^^)」


▼本日のイラスト

結局描くんかい!

いざ尋常に  

サムライスピリッツ25周年記念 アンソロジー画集「侍絵巻」に参加させてもらいました。


(全身図は本に収録)

サムライスピリッツとは、当時大ブームだった対戦格闘ゲームの1つとして登場したゲームですが、文字通り「格闘技」ばかりだった中、「江戸時代を舞台に、サムライたちが刀で戦う対戦ゲーム」という異色の設定が大当たりして、大人気を博したゲームです。

どこが侍やねん!とツッコミたくなるキャラも多々いましたが、そんな強敵を退けていくと、最後に待ち構える敵の総大将は、蘇りし天草四郎時貞……



魔界転生じゃん!!というツッコミは当時からありましたが……(服装もそのまま)

そんなこんなで、以後も次々と続編が作られる人気シリーズとなり、登場キャラの1人ナコルルに至っては、当時の三鷹市水道局のポスター、京都遷都1200年記念のポスターに登場するほどでした。

ブームの終焉と多角経営に失敗したメーカーの倒産により、一度は表舞台から姿を消しますが、最近メーカーの復活と共に、再熱しつつあります。
そんな中での今回のアンソロジー参加は、懐かしさもあって、描いてて本当に楽しかったです。


このシリーズ、特にBGMが逸品で、当時は音楽CD全部持ってました(。。)


▼本日のアイヌ娘

こちらはアンソロジーではなく、以前描いたもの。

ハイスコア  

本日のお買い物。


「ハイスコアガール」とは、90年代のゲームセンターを舞台に、ゲーム好きの主人公たちのラブコメストーリーなのですが……
出てくるゲームは、すべてメーカーから許可を得た、当時実際に稼働していた「本物のゲーム画面」で、数年前にアニメ化も決定しました。

……その直後に、編集のミスで実は許可を貰っていないゲーム画面があったことが発覚し、アニメ化がお流れしたという悲運の作品でもあります。

それから数年後……2018年夏、今度こそアニメ化決定。
今度はちゃんと全メーカーから許可貰ったよ!!

実はこの漫画の主人公たちが、私とほぼ同世代で、作中で小学生から高校生まで年を重ねていくのですが、「そうそう、この頃このゲームが出たんだ」と、読んでいるこちらもシンクロしていました。
で、本日購入した原作の最新刊で、主人公たちが大阪に遠征しますが、そこでまさかの10円ゲーセン「フェラーリ」が登場。

当時大阪に住んでいた私がよく行ったゲーセンが「フェラーリ」でした。
1ゲーム10円というまさかの値段設定でしたが、当時の大阪ラジオ番組で社長がゲスト出演したことがあり、「すぐ近所にゲーセンができたのだけど、同業者なのに一切挨拶にこなかった、頭にきたから絶対潰してやろうと思って1ゲーム10円にした」というまさかの理由を述べていました。
その直後に、新しくできたという近所のゲーセンも、1ゲーム10円設定にされました。
その結果は……両者共倒れで、現在は両店舗ともなくなっています。


…………でしょうね!!


▼本日の落書き

ビルドダイバーズのアヤメさん。

それから……  

いろいろあった(中略)

色々と言いたいことはありますが、様々な感情が入り乱れているので、私は生涯あの試合には触れないと決めました。

そんなこんなで……突然ですが、テレビ買いました(。。)

これまで使っていたのは、ドイツワールドカップの年に買ったテレビでしたが、画面が白い時だけ残像が出る様になってしまいました。
ただ、あくまでも白い時だけだったこともあり、「本格的に壊れたら買い替えるか~」などと思ったら、そこからまさかの2年粘られました。
さすがにもういいかと一大決心し……というより、W杯開幕前に一度値下げされたテレビが、いよいよ在庫処分にはいったのか、投げやりに更なる値下げしていたので、 昔から、もやもやしている時は何か買い物して気晴らしするタイプだったこともあり、本日買い換えました。

ちなみに、いままで頑なに買い替えを先延ばししていたもう1つの理由が、これまで使っていたのテレビがプラズマテレビだったから、というのもあります。
当時、サッカーの様な動きの激しいものを見るなら断然プラズマと言われていて、その頃の液晶テレビは激しい動きになると画面に残像が残ったり、角度を変えたら色が変わったりと、さんざんでした。
そのため、私の中ではいまだに……
【10年前のプラズマテレビ>>最近の液晶テレビ>>10年前の液晶テレビ】
という図式があり、テレビを買い替えても、前のテレビは一応残しておこう……などとかんがえてました。

誤解でした。

激しい動きに対しても全然問題なく……それどころか、これまでのプラズマテレビより動きがスムーズになり、そりゃプラズマテレビが生産終了するわけだ!!まいったまいった!!となりました。
訂正【最近の液晶テレビ>10年前のプラズマテレビ>>>>>>>>10年前の液晶テレビ】

Jリーグを放送するダゾーンが標準装備されていたり、テレビのボリュームボタンが、そのまま外部スピーカーのボリュームと連動したりと、いままでプレステ4を経由したり、一旦スピーカーのリモコンに切り替えたりとひと手間かけてたのが直接できるようになり、インチが大きくなったにも関わらず、重量、消費電力は2分の1とスリムになり、とにかく至れり尽くせりで……なんで今日まで買い替えを保留していたのか!!そんなにプラズマが大事か!!プラズマ現象かっ!!という盛大な手のひら返しが始まっています。


▼昔の落書き
テレビの配置や設定で落書きする暇もなかったので、むかーーーし描いた版権キャラ。




葛籠はない  

あれは、数日前のこと。
外から、突然のノック音が部屋に鳴り響いたのです。
しかし、ここは2階です。
いったい誰が……

振り向くと、そこにいたのは……



お前かい!!

窓を開けてもしばらくは逃げませんでしたが、その後いずこかへと飛び去っていきました。


さて、話題は全く変わりますが、コンビニにはそれぞれポイントカードがありますが、これが見事なまでにコンビニによってすべて違うカードです。
こういうのを少しすっきりさせたかったので、各コンビニのポイントカードアプリをスマホにいれてみました。

これまで
1:財布からお金を出す。
2:財布からポイントカードを出す。

これから
1:財布からお金をだす。
2:スマホを立ち上げてセキュリティを解除してアプリを立ち上げて、商品と財布をもった手で器用にスマホを店員に見せる。

あれ……手間増えてね?

引き続き、カードを持ち歩くことにしました。


▼本日のイラスト

器用に槍を出す。

勝ち点3  

そりゃ勝ってほしいよ?勝ってほしいけど、どうみても冷静に考えて「奇跡が起きてかろうじて引き分け」でしょ……

奇跡が起きて勝ちました。

「敗因なき敗北はないが、勝因なき勝利はある」
コロンビアは、試合早々にPK献上とレッドカード、そして故障上がりのエースの中途半端な投入。
正直、相手の自滅に助けられた感は否めないですが……勝利は勝利、別にこちらが頼んだのではなく、勝手に自滅したのです。
貰えるものは病気以外貰えと真田昌幸も言ってました!!(大河ドラマで)

とはいえ、まだまだ厳しい2試合が残っています。
決勝トーナメントだなんて浮かれていられる状態ではありません。
……が、今日くらいは浮かれていいですよね?!(急いでコンビニで買ってきたスイーツでささやかな祝賀会)


▼本日のイラスト

「夏服」


(こういう案もあった)

開幕  

本日のイラスト。



ついに開幕ワールドカップ。

日本代表は、「大会2か月前に監督解任」という異常事態に見舞われましたが、それでも自国の代表なのだから、応援するしかないのです。



この時期になると、各社からワールドカップの選手名鑑が登場するのですが、正式な選手登録の締め切りは、割と大会開幕直前まで受け付けているので……

有力候補版→確定版→最終確定版

と、内容を微調整して何度も販売しています。
とりあえず、この手の本は年号順に本棚に並べて、記念アルバムも兼ねているので、最終確定版が出てから買うのですが……

突如、優勝候補の筆頭であるスペインで「大会2日前に監督解任」という異常事が発生。

最終確定版が、購入わずか数時間で確定じゃなくなる波乱のワールドカップが開幕しました(。。)

選択肢  

テレビとノートパソコンとスマホが調子悪く、現在どれを最優先で買い直すか悩んでます。

■テレビ
・画面に残像が残る様になった。
・ただし、画面が白い時しか目立たないので、メニュー画面の時以外はそこまで気にならない。
・買い替えるならワールドカップ開幕までに、それを逃したらもう壊れるまで使い続ける。

■ノーパソ
・一度床に落としてしまってから、画面に線が何本も入る様になってしまった。
・ただし、現在ノーパソは動画の変換にしか使っていないので、画面が線だらけでもなんとかなる。

■スマホ
・カメラが突然動かなくなった(実は購入した翌月にも一度起きたけど、その時は数日で直った)
・ 風景を撮影するだけなら常にカバンにデジカメを入れているけど、スマホカメラは出先でメモ代わりに頻繁に使っている。
・このタイミングで買い替えたら、カーナビ用の通信モジュールを買ったのが無駄になってしまう。それに第一たった4ヶ月で買い替えとかなんか悔し(略)
・ちなみに、私のスマホはいわゆるsimフリーなので、保証は一切きかないのです(。。)

結論:様子を見よう。

ちなみに今のテレビって、前のが2006年のワールドカップが終わった直後に壊れて、どうせ壊れるんなら、大会前に壊れろよ……と憤慨しながら購入した思い出があります。
今回は……いや、考えるのやめよう(。。)


▼本日の落書き

鉄人兵団のリルル、WOWOWで劇場版ドラえもん一挙放送があったので(。。)

出陣じゃ  

最近、WOWOWでいろんな戦国ものの映画をやっていますが、最近の戦国ものは主人公がどこかコメディタッチで、熱い主人公よりも「ま、適当にやってみるか!」みたいなキャラが多い気がします。
あと、合戦シーンはとにかくCGを駆使したアクションで、驚異のジャンプ力や人間離れした技が多く見られます。
それがいいとか悪いとかではないのですが、個人的には深作欣二監督作品みたいな、「本当の殺陣」が久しぶりに見たいなぁ……とも思うわけです。

そんな中、戦国時代を舞台としながら、合戦シーンも殺陣シーンも一切ないという真逆のアプローチで攻めてきたのが……



「花戦さ」でした。
これは、池坊専好や千利休といった、当時の文化人が数多く登場する映画で、華道・茶道・日本画が話に大きく関わります。
なので、正直私ではなく、華道・茶道・日本画を趣味としている母が興味あるだろうと思って録画して見せてみましたが、思った通りはまりました。

とりあえず私も見ましたが、池坊専好が、秀吉に花を見せたという話自体は、史実にもあった本当のことらしいですが、そこで何があったのか、そもそもどうして花を見せる事になったのか、そこに至るまでの物語はすべて創造です。 しかし、戦国好きが思わず「あ、あの話か」となるエピソードもうまいこと散りばめてあり、かなり楽しめました。


▼本日のイラスト

私も文化的な絵を……ん?

フォト  

ここ最近の写真いろいろ。



通販で注文したユニフォームが届きました。
今年の夏服レパートリーに追加です。

いよいよ開催まであと少しに迫ったワールドカップですが、この一か月の監督を巡るゴタゴタもあって、いまいち盛り上がりに欠けてます。
正直、前監督のサッカーにわくわくしたことはほとんどなかったのですが、それでも1年前に交代させなかったのは、「もう覚悟を決めた、監督と心中する気概でいく」という意思表示だと思って、こちらも覚悟を決めてました。 そこで突然の、大会直前の本当に突然の監督解任で、こちらも大混乱です。 それでも、いざ大会がはじまったら応援するしかないんですけどね(。。)



久しぶりにこの手の「毎号キットがついてくる」系を集め始めました。
隔週発売で全100号なので、完結する頃には次のワールドカップが迫っている頃でしょう。
まぁ、全号買うわけではなく、好きな機体の時だけですが……



久しぶりにといいましたが、前回は何を集めていたかと言うとこのラリーカーシリーズ。(前列にいるのは違いますが)
これも個人的に好きな車だけを集中的に集めてましたが、本日棚の大整理をして、レイアウトを変更しました。



温泉いったらチラシがありました。
赤壁の戦いは、三国志中盤最大の山場となる戦いで、迫りくる曹操軍100万の軍勢を、劉備・孫権連合軍10万が、何重にも伏線を張り巡らせた大掛かりな作戦で見事撃退する……という、創造のおはなしです(。。)

いえ、戦い自体は実際にあったのですが、そこまで大規模なものではなく、とりあえず戦ったけど疫病が流行ったので撤退した、というものでした。
それでは面白くないと、これでもかこれでもかとエピソードを創作・追加して作り上げたのが「三国志演義」における赤壁の戦いで、物語としては本当に面白いです。

ちなみに、映画は知らなくても、曲は知ってるって人が多いかもしれないレッドクリフは、赤壁の戦いを映画にしたものです。



ガンダムユニコーンと並んで、これでもかってくらいテレビでよく流れてる曲ですからね。

▲Page top