日々是好日、或は理想と現実

記念日渋滞  

「いい夫婦の日」に、夫婦の辛すぎる事件を描くドラマ、それが相棒。

そんなわけで、11月22日は、「いい夫婦の日」、「いいツインテールの日」、「セガサターンが生まれた日」、と、色んな記念日が重なりました。



任天堂のマリオ的存在となるセガのキャラクター、それがソニック。
かつてはセガのゲームハードでしかその姿を見ることはできませんでしたが、セガがゲームハードから撤退したため、現在はソニーや任天堂ハードに普通に登場しています。
日本ではゲームが好きな人でないといまいち認知されていないキャラですが、海外では絶大な知名度を誇り、テレビでアメリカの街並みが映されている時に、ソニックのTシャツを着た外人とか普通に見かけます。

そんなわけで、ソニック最新作買いました。



私も昔からソニック好きだったわけではなく、当時の彼女の薦めでした。
気が付いたら、彼女はいなくなって、ソニックだけが残ってました。
……そんな話がしたいのではありません。

私「しかし、最近のゲーム機はとんでもないことになったな」
友人「どんなことになったんだ?」
私「自分のプレーを、ゲーム機から直接動画サイトに投稿できるんだ」
友人「とんでもないことになったな!!」



こんな感じに。

他にも、自分のプレーを生中継で配信することもできるのです。
最初は、赤の他人のプレーなんて見て楽しいのか?と思っていたのですが、作業するときのBGM代わりに流しておくと意外と間が持ちます。

とりあえず、ソニックはスピード感が気持ちいいゲームなのですが、早すぎて自分でも何やってるのかよくわかってません(。。)




▼本日の落書き

いいツインテールの日

ガルバニー電流  

アルミホイルを噛んだ時に歯に走る痺れの名前は「ガルバニー電流」

なんてことは置いといて……

あまりリモコンだらけになるのが好きではないので、いつも「学習リモコン」を使っていて、テレビ、スピーカー、HDDレコーダー、照明を1つのリモコンでまかなってます。
しかし、長年使っていたこともあり、切り替えボタンが劣化していき、爪で押さえ込まないとスピーカーや照明に切り替わらない、なんてことなってきました。
いよいよ買い替え時かと思いつつ、どうせ買い替えるなら、駄目元で一度分解してみようと……



分解してみました。
更に、利かなくなったボタンの場所に小さく切ったアルミホイルを差し込むと直ると聞いて、まぁどうせ買い替えるんだ、最後に好き勝手やってみよう~と試したら……

あ、直った。

そんな感じで、まだしばらくは買い直さなくても使えそうです。


▼本日のイラスト




紅葉というより黄葉  

結局、近場しか行かなかったけど、今年の紅葉写真詰め合わせ。
今日の写真はクリックで拡大します。

















そういえば、前にテレビで、「獣を退治してくれる人募集、給料は高くて休みも多く住宅も完備、そんな村があるよ!」ってやってて、いったいどこの山奥の話なんだろうと見ていたら、うちの隣村の名前がドドーンと出てきたことがありました。

この辺は、リアルモンスターハンターができる地だったのか(。。)

スマイル時価  

私が毎年個人スポンサーになって……すいません、今年はなってませんでした。
私がちょっと前まで個人スポンサーになっていた、初音ミクを擁するレースチーム「グッドスマイルレーシング」が、3年ぶりにシーズンチャンピオンになりました。



この、「SUPER GT」というレースは、他のレースと違う独特のルールがあって、「GT500クラス」と、「GT300クラス」という2つのカテゴリーが、一緒に走るのです。
順位は別々に集計しているので、500クラスの車が300を抜いても順位は変わりませんが、直線ではパワーのある500がぶっちぎり、コーナーでは重量の軽い300がかわしていくという、激しいバトルをあちこちで見られるのが醍醐味となっています。

個人的には、毎年楽しみにしていた「鈴鹿1000キロ耐久レース」という、通常のレースの3倍くらい走る長丁場のレースが、今年で終了してしまうことが残念ですが(。。)

まぁ、今年はいろいろゴタゴタしていて個人スポンサーに申し込めませんでしたが、 来年はまた登録しようかと思ってます(。。)


▼本日のイラスト

優勝おめでとうミクさん。
もっとちゃんと描きたかったけど、落書きになってしまった(。。)

ハードなやつ  

最近、うちの町のゴミ分別ルールが変わり、前はわけなければならなかったものが、「全部燃えるゴミでいいよ」となり、ゴミ出しが楽になりました。
とはいうものの、相変わらずパソコンは処分するのにお金がかかるのですが、我が家のパソコンも色々と世代交代する時期になって、何台か処分しなければならなくなったところ、ちょうどそういうのを回収する業者が来たので、まとめてもっていってもらいました。



その際、HDDだけは不安なので自分で処理するのですが……データを完全に消去するソフトとか、色々やり方がありますが、デジタルに勝つのは、いつの時代もアナログな方法といわれていて……電動ドリルで物理的に穴をあけてしまいます。

「普段、一番大事に扱っている部品に穴をあけるのは……なんというか、背徳感に溢れてちょっと快感すら覚え……」
「おい、誰か止めろ」


▼本日のイラスト


大自然のおしおき娘

ヤマザキ  

山も、少しずつ秋色になってきました。
コンビニいったついでにちょっと撮影。













本格的な紅葉シーズンになったら、またどこかドライブに行きたいと思います。

で、この時コンビニで買ったのはオレオ。
そして、それを食べながら見たのが、Jリーグルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)決勝戦。
なんとなく毎年ナビスコのお菓子を食べながら見るのが慣例になっていて……

ちなみに、欧州には100年の歴史を誇るカップ戦が数多くあり、ルヴァンカップはまだ歴史的には25年です。
しかし、「同じ企業スポンサーで続いている」というのは他にはないらしく、「同一スポンサーによる大会としては世界最長」ということで、ちゃっかりギネスに載っているそうです。

日本に限らず、だいたいの国において、サッカーには国内に3つのタイトルが存在します。
国内リーグ(Jリーグ)、プロクラブのみが参加できる大会(ルヴァンカップ)、アマチュアを含めたすべてのクラブにチャンスがある大会(天皇杯)
国によって名前は違いますが、だいたい〇〇カップ、国王杯、といった感じでニュアンスは似ています。
とりあえず、ガンバ大阪は既に敗退しているので、オレオ食べながら中立視点でのんびり観戦した決勝戦は、どっちが勝っても初優勝というシチュエーションの中、セレッソ大阪の勝利で幕を閉じました。
そして、その日の夜、ドイツにおいては……



長年サッカー見てきましたが、一番衝撃的な珍プレーでした(。。)

▼本日のイラスト


秋のカフェ。

文化的な祭り(サブカルチャー)  

特にイベントでもない普段から、こんなタクシーが街を走り……




市の公用車がこんな感じ……



そんな街で、今年も丘のまちフェスティバルが行われました。



元々この街は人形劇の街と呼ばれ、毎年夏に大規模な人形劇イベントを行い、それに感銘を受けた川本喜八郎から「人形劇三国志」で使われた人形が寄贈されるほどでした。
それが、「人形の街なら、フィギュアの街でもあるだろ?」という超理論思い付きにより、街角でひっそりフィギュア祭りがはじまり、そこから、グルメ祭りも混ぜろ、痛車祭りも混ぜろ、コスプレ祭りも混ぜろ、大道芸も混ぜろ、動物とのふれあいコーナーも、和太鼓コーナーも、名車コーナーも……と言う感じで、気が付けば、年々歩行者天国の範囲が広がっていく、街をあげての大規模なイベントとなりました。











とりあえず、せっかく来たので、なんか一つ……と、川本喜八郎記念館でミニフィギュアを購入。
何が出るのかはランダムですが……



呂布でした。

【呂布奉先(りょふほうせん)】
三国志に登場するすべての武将の中で、一騎打ちに関しては最強を誇る天下無双の男。
しかし、倫理観は欠如しており、目先の事しか考えず裏切りに裏切りを重ねた結果、最後は部下に裏切られて処刑される。
日本では、ラストシーンを悲劇的に描く物語が多かったため、昔から人気がある武将である。

……呂布で思い出した、三国無双8は買おうと思います(。。)



▼本日のイラスト




時期を逃してしまったハロウィン。

台風よりも早く  

学生時代の友人が木曜、金曜と信州に来ていました。
そのまま一緒に車で大阪に向かい、土曜に大阪同窓会を行い、日曜に解散という強行スケジュールでした。

とりあえず、高遠城までドライブ。







そして、近くにあるクロワッサンが美味しい道の駅に行き、お土産も含めて6つ注文。
大人気商品なので常に売り切れで、次の分が出来上がるのに30分待ちと言われた為、待っていたのですが……その間に「試食です!」と、次々とクロワッサンを渡され……気が付けば2人あわせて試食で6つ食べてました。
その6つを販売用に回してください!!

その日の夕食は、せっかく信州にきたのだから蕎麦屋へ。

友人「しかし、学生時代に比べて、最近食が細くなったわ~」
私「わかる、昔ほど食べられないよな、今日なんて、おやつにあれだけクロワッサン食べたし……」

友人「蕎麦1.5人前で」
私「食が細くなったとは」



そんなこんなで、土曜日は高速に乗って一路大阪へ。
昼食はサービスエリアでとることに。

私「しかし、最近ほんと肉料理を控えているわ~」
友人「わかる、昔ほど食べられないよな」

私「すげぇメニュー見つけたからこれにしたわ」
友人「肉を控えるとは」



そして到着した大阪。



現在改築中のなんばグランド花月の横を通り、すっかり関西の秋葉原と化した日本橋へ。

前々から、なんとなく艦艇の模型が欲しかったのでいい機会だから探したのですが、普通のがなくて、代わりに艦これバージョンがあったので購入してみたり。

まぁ、私は艦これやってないんですが(゜゜)



吹けば飛ぶ様な髪の毛みたいなパーツを取り付けるのは至難の業でした。



日本橋で時間を潰しつつ、合流したメンバーと居酒屋、そしてカラオケへ。





何故か始まる艦これメドレー。

まぁ、私は艦これやってないんですが(。。)

カラオケ後にゲーセンへ行くと、学生時代に皆で徹夜でやってたゲームが、数年の沈黙を破り、最新作として稼働していました。

学生時代のメンバーが集まり、学生時代のホームタウンで、学生時代に遊びまくっていたゲーム(の続編)をする……なんか、ちょっとしたタイムスリップをしたみたいな感覚に陥りました。

いつもの同窓会といいながら、最近は結婚やらブラック企業やらで休日をあわせることが困難になり、常に誰かが欠席する状態となり、実際今回の集まりも2年ぶりとなります。
毎日の様に顔を合わせて、毎日の様にゲーセンやらカラオケやら行ってた学生時代と同じことをするのに、年単位で空き時間ができる様になったことにしんみりしつつ……

「で、なんでうちらが集まる時って必ず台風とかくるの?」
「桁違いの雨男がいるんじゃね?(お互いを牽制し合う)」

忘れなくてもやってくる  

ここ数年、「50年に1度の」という冠言葉がバーゲンセールされているレベルで、様々な天災がこの国に続いています。
先日も台風の爪跡が各地に残りましたが、台風に限ってのみ、この地は鉄壁の防御を誇っています。

「台風のエネルギー源は水蒸気ですから、海上では常に供給されますが、陸地では得られません。 また、陸地との摩擦も台風を衰弱させます。特に高い山脈は台風の構造自体を破壊します。 台風の高さ自体が日本付近では10,000m程度ですので、3,000m級の山脈は台風の構造に大きなダメージを与えます」

ということらしく、昨日の台風も「ちょっと強い雨が降った」程度で終わってしまいました。
まぁ、それでも土砂崩れは警戒しなければならないので、エリアメールは絶え間なく鳴り続けましたが。

両親が京都からこっちに来て家を建てた時、「雨戸をつけわすれている!」と大工に言ったら、「この土地は雨戸つけないんです」と言われて、「本当?つけ忘れたの誤魔化したんじゃないの?!」と疑ったほどです。
そして私も、高校を卒業するまで、台風というのは、「ちょっと強い雨」程度のことだと思っていたので、関西に引っ越した最初の年の台風には驚いたものです。

最近は、これまでの常識が通用しないような天災が続いてますが、こればかりは山脈をどかさない限り不変なものかと思っているので……思っていいんですよね?(不安)


▼本日の写真



(クリックで拡大します)

サイズも統一できない  

まだ先の話ですが、そろそろ次の車を色々考えはじめています。
で、トヨタでもホンダでも、新車を買うと、同じ車種、同じ色の模型をくれることがよくあります。
これを、「我が家の車ヒストリー」と言う感じで、棚に並べているのですが……前回の親の車が、たまたま在庫がないということで、手に入りませんでした。
元々市販しているものではないので、あとから探そうとしてもこれが難しく、オークションで高値がついているものばかりでした。
更に、この模型をくれるというのが、2000年以降のことなので、さかのぼって私が子供の頃家にあった昔の車も集めたくなったのですが……
様々なメーカーが車の模型を出しているのに、同じ車種、同じバージョン、同じ色となると、昔の車を探すのは、アマゾン、楽天を駆使しても絶望的でした。
歴代の車から、やっと見つけたのが2車種、それも色が違ったり、うちの車にはついていなかったパーツがついていたり、完全に同じものとはいえませんが、もはや贅沢も言ってられません。

とりあえず、注文した模型が到着する前に、飾る場所を用意するべく部屋のレイアウトを色々変えていたのですが、変えては戻し、戻しては別の案をためし……

どうして現実には、「保存した場所から再開する」がないんだろうね!!


▼本日のイラスト




▲Page top